コラム

サイドメニュー

<< 2016年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
命… by 児玉 愛 (06/13)
時期がきた… by 天真結 (11/15)
時期がきた… by 陽心 (11/14)
掲示板 by 天真結 (04/06)
掲示板 by R (01/25)
最近のトラックバック
過去ログ
Powered by さくらのブログ

私も癒されたい時がある。。。

2016年11月22日

日常生活の中でも癒されると言っていただけることは
とてもありがたい事です。
でも、私も日常生活では自然の中だけでなく、ほっと
できる場が欲しいし癒されたいのです。
抱かれて癒される存在。
それは、何物にも代えがたい大切な存在。。。

ほっとぷれいす
天真結
posted by ほっとまむ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

あなたの本来の価値。。。

2016年11月14日

ブログでも何度か書いたことがあるのですが、親兄弟や親戚
周りの大人によって、あたかもそういう人間なんだという
レッテルを貼られている方が多い事に驚きます。
本来のご自分とは真逆に近いようなレッテルの場合もあります。
それを本来の自分だと信じ込み、他の方ならもっと行っている
ような事を責め罰し続けしまいます。
そのレッテルは本当にあなた本来の姿でしょうか?
ご自分の客観的な価値や長所をしっかり把握しましょう。
それだけでもっと楽に生きていくことができるようになります。
あなたの輝きは自分の中にある。
改めて気付いてください。

ほっとぷれいす
天真結
posted by ほっとまむ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

伝える時。。。

2016年11月06日

私の仕事は日常生活の中でも必要に応じてリーディングし

お伝えする場面が何度もある。

私はお伝えする前には何度も確認し、本当に大丈夫だと思える

事をお伝えするようにしている。

それは、仲間がとあるセラピストさんから伝えられた事に

よって、聞いたご本人はすごく喜び腑に落ちた!!良かった!

と言っていたのだが、それが影響し大変な状態になる

一連の流れを見てしまったから。

それから更に慎重になった。


お伝えした事の答え合わせは、クライアントさんに結果として

伺うしかないが、深い所に落とし込んでいただいた時に

ようやく間違っていなかったと確信に変わる。

これからも慢心せず、ずっと石橋を叩き続けて慎重にお伝え

していきたいと思う。


ほっとぷれいす

天真結

posted by ほっとまむ at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

自分の感情を伝えるのが苦手あなたへ。。。

2016年11月05日

人に気付いてはもらえませんが、人に合わせたり相槌には抵抗の

ない人見知りです。

自分の思いを伝えるのが苦手で、自分が感情を抑えていた方が

うまくいくような気がしていたから。

良くも悪くも誤解されたりしますが、良く言われる時はそんな事は

ないんですよ!と否定しても、悪く誤解された時はほっといてしまう。

だって、それを否定したとしても大して変わらないから。

そんな方、多いのではないでしょうか!?


自分の気持ちを抑える癖がついていますが、今はなるべく感情を

伝えるようにしてます。

伝えてもないのにわかってもらえるなんて都合が良すぎる。

言葉で伝えても伝わりにくいのに、伝わる訳がないんですよ!

それをわかってくれる方ももちろんいらっしゃいます。

そんな方には感謝して、大切にしましょうね。


要は何をどう伝えるのかが大切。

自分の気持ちにできるだけ近い言葉で、自分の本音を隠さず

伝えるのがコツです。

腹の中にあるものと口から出たものが違わない、それが大事な

気がします。

一人で苦しまず、自分のことを理解してくれる人を増やしましょう。

今よりももっと輝いた毎日になるはずですよ。


ほっとぷれいす

天真結

posted by ほっとまむ at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

自分の正義、相手の正義。。。

2016年11月04日

人は自分基準の正しさを振りかざして言動を起こす。

それは当たり前の事なのだが、自分の基準自体が正しいかどうか

客観的に見れている人は少ないように思う。


自分の基準からずれているから許せないでは、生きづらくて仕方ない。

自分も辛いし相手も辛い。

自分は正義を振りかざしての行動だとしても、相手にとっては

トラウマをも生んでしまうようなことかもしれない。

どんな風に感じても考えてもいいが、人を傷つけていい理由には

ならないし、正しさだけではみんなが幸せにはなれない。

空気がギスギスピリピリして周りの人間もたまったものではない。


相手には相手の考え方や感じ方がある。

相手を慮る本来の日本人らしさが消えつつあるような気がして悲しい…


逆に、自分の正義を振りかざしている側の人も、〜でなくてはならない

と自分を縛り付けているのかもしれない。

誰もががんじがらめだ。

自分を認め、相手を認め、大切に人を扱えるようになったら

みんなが穏やかで温かい空気を生み出すことができる。

どちらの立場でもしんどいのなら、お互いが楽で穏やかな道を進んだ

方がいい気がするのだが…


ほっとぷれいす

天真結

posted by ほっとまむ at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息