言の葉

2010年04月14日

神社で、鳥がキレイな声で鳴いていました。
鳥の声に耳を傾けていて、ふと思ったんです。
鳥も動物も、みんなそれぞれ声は違うけど、意思疎通ができて
いる。
どうして、人間は同じ種族なのに1つの言葉では通じなくなって
しまったんだろう・・・
元の言語は同じものであったはずなのに・・・

言葉は‘言の葉’。
つまり、‘言の波動で’あり、‘言の広がり’。
または、‘事の広がり’かもしれません。
人から出る言葉は、その人を通して広がっていくものです。
口は、人を傷つけたり、グチや悪口を言うためのものではない。
あたたかい波動を、みんなに広げていく為のもののように思い
ます。

日本語は本当に美しい言葉ですね。
ひらがなにも、ことば自体にも意味がある。
こんな素晴らしい日本語を、大切に使っていきたいものです。

posted by ほっとまむ at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37091050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック