コラム

サイドメニュー

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
命… by 児玉 愛 (06/13)
時期がきた… by 天真結 (11/15)
時期がきた… by 陽心 (11/14)
掲示板 by 天真結 (04/06)
掲示板 by R (01/25)
最近のトラックバック
過去ログ
Powered by さくらのブログ

話せなくても…

2011年07月13日

午前中に、読み聞かせのボランティアに行ってきました。
今来ている子は、保育所に入る前の子たちなので
個性が顕著に出ていておもしろく、どの子も本当に可愛くて
一緒にいるだけで元気になれます。


先日の話…
小学生くらいの兄弟が小さな弟のお世話をしていました。
お姉ちゃんが弟にちょっかいを出して、それを見たお兄ちゃん
とけんかに…
不穏な雰囲気を感じた小さな弟が泣き始めたのですが、
その様子を見ていて、小さな弟の叫びのように聞こえました。
“やめて〜” “けんかしないで!”
ちょっと泣きおさまっても、上の兄弟がけんかを始めると
また泣き始める…繰り返し。


その子は、2人とも大好きなんだと思います。
でも、お兄ちゃんの方がもっと好き!
お兄ちゃんもその弟が大好き!
お兄ちゃんから離れないんですよ!その子!
お母さんに兄弟はしかられてるけど、私はお兄ちゃん
えらいね!って、心の中で伝え微笑ましく見てました。


まだ言葉を話せない子供たちも、たくさんの思いを
持っています。
そして、子どもの頃の傷は確実に無意識の中に記録
されていきます。
純粋で傷つきやすい子どもたちが、たくさんの愛に包まれて
できるだけ傷が少なく、健やかに育ちますように!

posted by ほっとまむ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46738395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック