ほっと一息

自分も昔は…

2011年07月28日

2部屋にある押入れのものをキチッと見やすく、そして
便利にするために、片付けを始めました。
昔、私は自分の思い・考えを誰かに伝えるなんて考えも
出来ないタイプだったので、心の中のものは詩や日記に
吐露していたのですが、その書き溜めたものが出てきて…
見てみると、本当に頑張って、虚勢を張って、一生懸命で、
いろんなことに気をまわして、家族・親戚・学校・近所中の
いい子でした。
今にも張り裂けんばかり…
でも、誰も気付いてもらえず、しんどそうなんですよね!
(誰も気付かないように行動しているので当たり前
なんですが…)


何でこんなに一人で抱え込んじゃったかな…
もっと、楽で穏やかで、肩の荷を下ろして歩いていけるのに…
今お話を伺っているたくさんの方々にお伝えしている事を
昔の自分に伝えて、大丈夫だからと抱きしめてあげたく
なりました。
私は、皆さんが辛いと思っていらっしゃる今居る場所から
一歩楽な段階へ踏み出し、進んできただけ。
生きていることをもっと楽しみましょう♪
幸せになるチャンスは、みんなもらって生まれてくるんですよ!
大丈夫!輝く光は自分の中に必ずあります!

posted by ほっとまむ at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

理解されるには…

2011年07月28日

コミュニケーションを上手にとりたいと思って
いらっしゃる方は多いと思います。
自分の思ったことを、ありのままに受け入れて欲しい・・・
認めて欲しい・・・
誰でも思っていること。


でも、感情を押さえつけっ放しで、自分のことをわかって欲しいと
いう思いが爆発している時は、そんな風にはできないものです。
その時は、自分のお話をしっかり聞いてくれる人を見つける事が
必要でしょう。


でも、私は伝え方ということを実践してきて、思うことがあります。
それは、自分の弱みや思いをそのまま伝える方がうまくいくと
いうこと。
通常は、自分を相手にこう見て欲しいというものがあって、無理を
したり、我慢したり・・・
あげくは自分の思っていることと口から出たことが真逆なんてことも…
そんなことって、ありませんか?


例えば、何であの時こう言ったの?何で理解してくれないの!?って、
相手に訴えるよりは、
こう言われた時に私はすごく悲しかった。自分はこう思っているし
あなたに理解されないのはとても辛い。
って、ぶっちゃけて伝える方が、相手はすんなり受け入れてくれます。
だって、最初の方は責められているように感じるから、自分が
傷つかないようにブロックが入りますが、後の方はその方の思ったこと
なので、ガードすることもファイティングポーズをとる必要もなく、
そのままを受け入れることができるのです。


口から出たことが心と違えば、相手が間違って理解しても当たり前!
更に、気持ちを伝えずにわかってもらおうなんて、相手は気持ちを
リーディングしながら話している訳ではないので、そんな都合の
いい話はありません。
本当に理解して欲しいと思うならぶっちゃけて本音で話してみましょうよ!
今よりもずっと周りは理解してくれるはずです。
posted by ほっとまむ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

思い込み…

2011年07月26日

欲しいもの(パートナー・幸せ・お金・・・)が努力しているのに
手に入らない方や、家族や仲間との関係性・状況がうまく
いっていない方で
“何かを得るには、何かを犠牲にしなければならない!”
そう思っていらっしゃる方は結構います。
また、望む状況を得るには、苦しんだ後にしか手に入らないとか…
そう思うことで、困難な道を選んでいるんです。
そんなこと、誰が言いました?
ずっと努力しないといい結果はうまないと言われてきた!
そう仰る方もいるでしょう。
教育課程の中でずっと言われ続けていることだから・・・


でも、思い込みでなりたい現実が遠ざかっているとしたら…
恐ろしいことです。
そんなこと、私達を見守ってくださっている存在は望んでません。
ただ、気付いて欲しいだけ…
何でうまく事が運ばないのか、どんなことにも理由はあるんです。
辛い境遇の方は、それを乗り越えれる力と能力を持って
生まれてこられているはずなんです!!!


まず、幸せになる選択をしましょう!
そして、犠牲なんてなくても手に入るものは手に入るし、
しんどい思いをしなくったって欲しいものは手に入るんです!
そんな思い込み棄てちゃいましょう!
みんな安らぎの中で暮らしていいんです。
幸せになっていいんですよ!
それを望まれているのだから!
posted by ほっとまむ at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

我慢グセがありませんか?

2011年07月26日

何でもかんでも自分で背負ってしまう人がいます。
自分だけ我慢すれば…何とかなる…
犠牲者のカルマのある人はこの傾向が強く出るようです。
中には人からの評価や印象が、自分の中の大切な部分を
占める為にその行動をしている方もいらっしゃいます。


最近、いろんなものによく書いてあって感じるんですよ!
他の人にはしんどい思いをさせたくなくて…という人も
いますが、ずっとしんどい思いをしてきた方は、もう
その経験を十分したことがある人。
でも、何でもかんでも自分が背負って引き受けてしまうと
その経験し魂の成長をするチャンスを人から奪って
しまっているともいえるんです。
人はいろんな経験をするために、この世に生を受けて
生まれてきます。


あなたばかりがしんどい思いをする必要はありません。
あなたがしんどい思いを引き受けているのは、何故ですか?
あなたが気付いていない心の深い部分に、あなたの
気付いていない意図があります。
それを知っていこうと、楽になる選択をするかどうかは、
あなたしか決めることが出来ないんです。
自分を苦しめる選択をするのだけは、もうやめてみませんか?
posted by ほっとまむ at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

ほんの少しだけ扉を開いて…

2011年07月25日

いつでも、身を引ける準備をしていたり、どこかにそれでも
仕方ないとあきらめの気持ちがあるのは、もう2度とショック
を受けたり、悲しい思いをしたくないからですか?
心の中の“離れていかないで!”“側にいて!”という気持ち
を見えないところにしまってまで…
それがお別れへの道をつくってしまっているとしても、まだ
やり続けますか?


心を見せずにしか、生きてこれなかったのかもしれない。
でも、裏切る人ばかりやあなたの心を弄ぶ人ばかりでは
ありません。
辛い経験は、あなたの目を養わせてくれているはずです。
もう、同じ繰り返しをしなければいいだけ。
相手が傷つく言葉を使うのも、もうやめましょう。


1人で閉じこもらずに、信じていいと思える人を一人でも
いいから見つけましょうよ。
そして、その人が受け入れてくれるなら、大切にして!
疑わず、素直な自分の気持ちのままで…
きっと、相手の方もそれを望んでいるはずだから!
posted by ほっとまむ at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

変わらないものは何もない。

2011年07月24日

とうとうアナログ放送が終了しましたね・・・
あんなに連日アナログ放送が終わることを告知
されていたのに、テレビが映らないと苦情の電話も
あるらしく、何とも言えない思いが致します。


自分は何にも行動していなくても、周りの環境は
刻一刻と変化している昨今、新たな行動をしないと
いけないと思っている方が多いようです。
当室でも最近“霊氣セミナー”を受けにいらっしゃる方が
続いており、その理由もチャンスをつかむ直感力が
足りない気がするから・・・とか、ヒーリング関係の仕事を
したいから勉強もしたいが、まずは霊気からかな・・・と
思って!とか、ご自分の望んだ状況を創っていくための
足がかり的な要素を含んでいるようです。


今まで霊気で当室にいらっしっゃた方々は、大半が手術や
入院が決まっていて勧められて来られた方、またヒプノ
セラピーで来られたもののご自分の話ができないため、
霊気で癒しながら状況を変えていこうとされた方等でした。
お勉強をされたい理由が少しずつ変わってきているように
思います。
これも、東日本大震災を受け、危機感を今まで以上に感じる
ようになり、“変わらないと!何とかしないと!”という思いが
強くなっていらっしゃるんでしょうね。
それでも、何とかしていこうと思い行動されることは素晴らしい
ことです。
私も、もっともっとスキルアップしていきたいと思います。

posted by ほっとまむ at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

見えない糸

2011年07月22日

スピリチュアルな勉強を続けていると、調和や光・祝福に
向かっていない自分の中のカルマやエゴが抵抗として
出てくることがよくあります。
もちろん、それは勉強をしていようとしてなかろうと、誰の中
にもあるものです。
だから、同じ環境・同じような場面・感情に振り回されて、
共鳴したら反応が出まくってしまう。


心の痛みが反応として出てきている時、気付くといろんな
家族や仲間や知り合い、あまり連絡のないような方々からも
急に連絡が増えたり、前に進む流れが出来たりします。
誰も自分がそんな状況だなんて知らないのに・・・
不思議かも知れないけど、みんな繋がっているから、
ふと思い出して連絡しようと思うんですよね?!


でも、それはやっぱり守ってくださっている存在方のサポート
かもしれません。
私たちには見えない糸で繋がっている。
それは、神々の意図かもしれませんね。
みなさんを見守ってくださっている大いなる存在に感謝!

posted by ほっとまむ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

輝きのある女性

2011年07月22日

今日、いつもお世話になっているぬか炊き屋さんに行って
いる時に、バルーンアートで本格的な活動をされている方と
一緒になりました。(その方のご紹介はまた今度)
女性で自営業同士、業種は違えども、いろんな面でいつも
いい刺激をいただいていて、今日もすごく有意義な
時間を持てました。
今すごく満たされています。
自分の仕事に自信と責任をもって、お仕事をなさる
その姿はいつ見ても素敵!
いろんな話で盛り上がってきました。


中でも、その方の同級生の奥様が、北九州でご活躍の
カラーコーディネーターのすごい方で…と詳しい話を
聞いていると、その方、実は私も知ってる方で・・・
世の中本当に狭い!と思いました。
真剣に自分の仕事に向かい、前進し続けていらっしゃる
方は、いつ見ても輝いています。
私もそんな女性であり続けたいですね…
posted by ほっとまむ at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

学校教育や子育てについて

2011年07月21日

小学校の先生をしている仲間から聞いた話です。
今の小学校は給食を無理に食べさせるということは
ないんですよね?!
友人のクラスは量の調整をできる時間があって、
嫌いな子は減らし、好きな子は増やしてもらえる。
それで残飯の量も結構変わるらしいのですが、
それでもお野菜の残る量が多かったらしいんです。


ある時、食事はお野菜から食べた方がいいという話を
骨盤体操の先生から聞いた彼女は、生徒にまず
お野菜を食べてから他のものを食べるように指導した
そうです。
すると、お野菜を残す子が随分と減った。
今まで少しチャレンジすれば食べれる子も、甘えてた
んだな…って、つくづく思ったとのことでした。


今はあまり無理せず、我慢させない教育方針になり
自分のやりたいようにしやすい状況なのかもしれません。
でも、大人になって社会に出た後に、初めての自分の
思い通りにならないことを知り挫折する子も多い気がします。
その子たちは、初めてなので対処の方法もわからず、
大人になっているので素朴に教えてもらえる機会も
子どものときよりも断然少ない。
聞く耳を持たない子たちにおいては、誰も教えられない。
大人はただ闇雲に子どもを守るだけではなく、社会に出て
本当に子ども達が困らない育て方をすることの方が大切
なのではないでしょうか…

posted by ほっとまむ at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息

戻ってきました

2011年07月20日

鹿児島より戻り、落ち着いたところです。
なかなか貴重な体験を今回もしてきました。
学べば学ぶほど深いスピリチュアル!
目からウロコなことが一杯です!
posted by ほっとまむ at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほっと一息